多汗症の悩みにプロパンテリンのプロバンサイン

多汗症に効くプロパンテリンの効果

私は、中学生の頃から多汗症に悩まされていました。

 

汗をかくことは人間としてあたりまえだと思います。
体温が高くなることを抑えるために、汗をかき正常を維持させる。

 

これが汗の役割だとおもうのですが、私の場合は汗をかきすぎることが問題。

 

そこで、汗の量を減らすために服用を始めたのがプロパンテリンになります。

 

プロパンテリンは成分の名前で、製品名はプロバンサインになります。

 

プロパンテリンは全身の汗を抑える抗コリン薬の一種で、アセチルコリンという神経伝達物質の働きを抑制してくれます。

 

つまり、多汗症の人は、この神経伝達物質の働きが活発になることで、汗の放出量が多いとされているために、プロパンテリンを服用することで、全身の汗を劇的に抑える効果が期待できます。

 

プロパンテリンの詳細・購入について>>

 

 

多汗症の悩みにプロパンテリン

多汗症の悩みは、中学生の頃から真剣に悩まされていました。
汗をかくことは余り良いイメージがなく、周りの人からもバカにされていたのを思い出しまし。

 

そのために、中学生の頃から汗を抑えるために、いろいろな商品を試していました。
8×4やデオドラントなど。

 

でも、たしかに、局所的な治療方法はあると思いますが、ワキに塗ったり、クビに塗ったり。

 

しかし、私の場合は体全体から滝のようにダラダラと汗が放出していたために、局所的に塗るタイプは期待通りの効果はありませんでした。

 

そこで、いろいろ調べた時にインターネットで見つけたのがプロパンテリンの効果なんですね。
私のように体全体から汗が大量に出て悩んでいる多汗症の人が利用する医薬品。

 

プロパンテリンを製造しているのは、海外で有名なファイザー製薬。

 

ED治療薬のバイアグラや禁煙薬のチャンピックス、抗うつ薬のジェイゾロフトなどもこの会社が製造しているそうです。

 

プロパンテリンの効果

プロパンテリンの効果としては、体の一部であるアセチルコリンの神経を和らげる作用があります。

 

多汗症の原因として、このアセチルコリンが活発に活動していることが原因。
一般的には、汗は体温を調節するためには必要不可欠ですが、多汗症の場合は、精神的に緊張したり、ストレスや遺伝などの影響で、アセチルコリンが正常以上に活動するために、汗を滝のように吹き出してしまいます。

 

そこで、プロパンテリンの効果で、服用することで、アセチルコリンを活動を和らげ、汗の量を抑えてくれます。

 

しかし、心がけたいのが、プロパンテリンを服用したら完全に多汗症の悩みを完治させるわけではありません。
服用をしてから約15〜20分ほどで効果が現れ、この効果時間は約3〜4時間持続します。

 

そのために、汗をかきやすい時間帯に合わせて服用することが重要になります。

 

病院より通販で購入

プロパンテリンの購入についてですが、私はインターネット(スマフォ)を使って、通販でプロパンテリンを購入しています。

 

最初は、プロパンテリンのことを知り、不安と希望の中、皮膚科に受診をしました。
担当の医師にプロパンテリンを問い合わせると、
「進められない、この病院では処方できません」っと告げられました。

 

かなりショックを受けたのを記憶しているんですが、
そんな時にたまたま見つけたのがインターネットの通販で購入ができることです。

 

プロパンテリンは、国内では処方せん適用の薬なので、病院でしか購入することができません。
しかし、インターネットを使い、海外で販売しているプロパンテリンだと、処方せんは適用せずに、簡単に購入できるわけなんですね。

 

そんなことから、通販を利用しプロパンテリンを1〜2ヶ月のペースで購入するようにしています。

 

 

通販だと、病院に通院することなく、注文すれば1〜2週間後に自宅にとどきます。
すごく簡単なんですが、でも良い面もあれば、悪い面もあるために理解して購入を考えなくてはいけません。

 

あくまでも、海外で処方する医薬品は本人に限ること、それから、使用方法などを理解して服用することが重要になるかとおもいます。

 

プロパンテリンの詳細・購入について>>