多量の汗

 

汗は誰だって起こるもので、汗は決して悪いことではないことを理解しておかなくてはいけません。何よりも、汗をかくことで、体温を維持させることがメリットであることを理解しておかなくてはいけません。

 

ただし、年齢が影響して汗は前触れもなく何処ともなく大量に発生する場合があります。そのために、プロバンサインを服用する人もいます。これがある種正しい選択肢になるかとは思いますが、プロバンサインはあくまでも汗の量を減らす専用の医薬品ではありません。臓器のために作られた薬なので、まずはどのようにしたら汗を減らすのか、あとはニオイ対策に効き目があるのはどういったことなのかを考えることが重要になります。

 

汗が噴き出してきたら、まずは腹式呼吸を行うという選択肢を広げてもいいと思います。腹式呼吸は精神を整えることでもあるし、交感神経の働きを和らげる症状にも使われています。

 

それから、更年期による汗の量が多くなったり、濃くて蒸発することで臭いが強くなる場合にも呼吸を意識することで和らげることにもつながります。

 

 

それから、服の着こなし方にも工夫をしてもいいかと思います。

 

汗の量が多いと、外出時は重ね着をして、肌に直接触れる部分には汗をよく救出する綿素材、上着には発散作用のある麺などを記て、汗が出始めたら1枚脱いで、収まったら叉重ね着をするなど、ほんのちょっとしたことなんですが、服を着る重ね着をするなど、ちょっとしたことなんですが、汗が放出された時に、うまくカバーすることができますね。吸収と発散の作用が体温調節にも働きかけて大量に出た汗や臭いをうまく予防することにもつながりますので、是非試してみてください。