インターネットと病院

インターネットと病院

プロパンテリンは国内の病院でも処方されているために、近くに皮膚科があれば、一度受診をしてもよいかと思います。

 

薬価格は1錠で11.3円(2015年1月)なので、そこまで金銭的なトラブルにはならないと思います。

 

私は、プロパンテリンを通販で購入しています。
海外で販売しているために、日々の為替取引で価格は変わるのですが、約1錠で50〜65円になります。

 

 

病院から処方される薬と比較すると、通販の方が薬価格が高いと思います。
だったら、近くの病院に通院をすればいいのではと思うのですが、これは担当の医師により、処方してくれるところもあれば、処方してくれないところもあるからです。

 

ようするに、私が受診した病院では「処方しません」っと断られました・・・。

 

 

担当の先生の話によると、プロパンテリンは多汗症の治療薬として処方されているわけではないそうです。

 

メインとしては消化管の収縮運動を抑え、通常は「胃・十二指腸潰瘍、胃酸過多症、幽門痙攣、胃炎、腸炎、過敏大腸症(イリタブルコロン)、膵炎、胆道ジスキネジー、夜尿症」などの治療薬として処方しているそうです。

 

多汗症はあくまでも副効果として作用するために、医師により考え方がそれぞれ異なるそうです。

 

 

私の場合は、相談したところ断られたために、現在はインターネットを利用し、処方せんの有無が関係ない海外で購入をしています。

 

インターネットの場合は、気軽に簡単に購入でき、なおかつ送料や手数料無料です。
しかし、価格や保険適用などの問題が有ります。

 

そのため、まずはプロパンテリンの購入を考えるなら、一度、病院の皮膚科で相談してみるのが良いかと思います。