汗線を固める塩化アルミニウム

塩化アルミニウムで汗の量を減らす

多汗症の人に塩化アルミニウムもオススメです。

 

私も考えたのですが、私は典型的な多汗症で、頭皮やクビ、カタ、手のひら、お腹、背中、、、、など、体全体に汗をかくために、塩化アルミニウムよりも、服用するタイプのプロパンテリンを服用しています。

 

プロパンテリンは、神経を和らげるために、体内から放出される汗を抑えてくれます。しかし、副作用として、喉の渇きなどが起こるために、局所的な多汗症の人には塩化アルミニウムが理想的かもしれません。

 

私は一度も使ったことはないために、はっきりとしたことは言えないのですが、利用している人の声を聞くと、塩化アルミニウムを塗ることで、汗が放出される汗線が固形化し、汗が出なくなる。そのために、汗の放出と臭いを抑えてくれるそうです。

 

 

一般的に多汗症や臭いを予防するために、ワキに塗る制汗剤は、バクテリアなどとの菌を抑える効果があると思います。

 

確かに、塗るときは効き目あると思いますが、さほどの持続性が無いために、納得できるような効果まではありません。

 

しかし、塩化アルミニウムは、汗や水分に反応することで、固形化します。
すると、汗腺内からの汗が放出しないために、今まで悩まされていた多汗症、臭いを防ぐことができるということになります。

 

塩化アルミニウムは主要成分で、製品名としてはパースピレックスとして国内のクリニックなどで販売されているそうです。もし気になる方は一度チェックしてみてください。特に、プロパンテリンを使って副作用を感じた人などにオススメかもしれません。