多汗症の原因「ストレス、イライラ」

多汗症の原因とは?

汗がダラダラと出てしまう原因は神経が関係するそうです。
普段から、不安やストレスを貯めることで、神経が興奮してしまうために、体内の一部分が活発になり、体外をたくさん放出してしまう。

 

そのために、この神経を和らげるのがプロパンテリンになります。

 

しかし、プロパンテリンを服用すれば、多汗症の悩みは改善できますが、毎日のように服用しなくてはいけません。そのために、多汗症の原因である不安やストレスの元を抑制させることが重要になると思います。

 

神経の興奮を抑えることで、心を安定化させることが重要。そんなことで、精神を安定をさせるこうかのあるカルシウム、それからマグネシウムを吸収するようにしています。

 

カルシウムは「小魚、豆腐、青菜、牛乳、チーズ、ヨーグルト」
マグネシウムは「ひじき、油揚げ、豆腐、納豆、アーモン」
になります。

 

今までは外食が多かった私ですが、不安や精神的な部分を少しでも和らげ帯がために、食事の栄養分を心がけるようにしています。

 

このカルシウムやマグネシウムを不足すると、イライラしたり、ストレスが溜まりやすいそうです。それから、脳の機能の低下が起こりやすく、若い段階でも、ちょっとした事で忘れてしまうことも・・・

 

まぁ、毎日のように食べて急激にストレスが解消できた!!多汗症が治った!!っとは思いませんが、何もしないよりは、改善の効果に近づけるかと思います。