外食にもこだわりを

外食と栄養

一人暮らしが多いせいか?家で料理を作るよりも、外食で簡単に料理を済ますことが多かった。

 

現在は、できるだけ栄養分のあるものを食べ、メンタル面を高めるようにしています。多汗症の原因としては、栄養分のバランスが崩れることも一つ上げられています。

 

でも、わざわざ多汗症を治すために、毎日のように自炊するのも面倒・・・。そんな人のは、外食のメニューを意識することが大事になるかと思います。

 

特に大切なのが食物繊維で、たっぷり取ることで、栄養分のバランスを維持することができます。日本人の食物繊維の摂取量は目標量18g以上に対して、平均5gも不足しています。

 

全粒粉パンを選び、豆や野菜を意識して、通るようにすれば、食物繊維の摂取量を増やすことができる。不溶性食物繊維はストレスや不安を和らげる作用があり、なおかつ、水溶性食物繊維は腸内環境を抑えてくれるために便秘にも効果的だと思います。

 

それから旬の食材を選ぶこと。
外食をするときに、ただたんに好きなモノを食べるのではなくて、旬の食材で、栄養分がしっかりと配合しているものを食べるようにします。

 

旬の野菜は栄養分もたっぷり、季節によって、にんじんは半分以下、ホウレンソウは4分の1に重要な成分が減ってしまう。外食では、一年中同じ食材を出す店より、新鮮なお店をうまく選ぶこと。

 

毎日食べる食材の中で、どれだけの栄養分が含まれているか、そしてその栄養分は体のどのような部分に作用するのかを考えるのも良いかと思います。