ワキガ対策にも効果的

プロパンテリンとワキガ

私は多汗症の悩みを改善するためにプロパンテリンを服用しています。
しかし、他の悩みとしてワキガの臭いを和らげるために、服用する人もいます。

 

もともと、ワキガの原因としては汗の量が多いことで発生するわけではなく、汗の一種であるアポクリン汗線が関係してきます。

 

汗が放出する汗線には2種類あり、1つがエクリン汗線、もう一つがアポクリン汗線が有ります。
基本的に、汗の量は1日に1.5〜2リットルと言われていますが、99%がエクリン汗線の汗で、成分は水分です。そのために、汗特有の嫌なニオイは含まれておりません。

 

しかし、残りの1%には、塩化ナトリウム、尿素、脂質など、ワキガにとっては必要不可欠な成分が含まれています。この成分が多ければ多いほど嫌なニオイになり、ワキガになってしまうわけなんですね。

 

そのため、プロパンテリンを服用することで、汗の量が減るために塩化ナトリウム、アボクリンの汗は放出されなくなります。ようするに、ワキガ特有の嫌なニオイはなくなるわけなんですね。

 

ただし、少しの汗の量でも、ワキガの嫌なニオイが現れることも有ります。それは、普段の食事バランスが影響し、「脂質、糖分」などの多いものを毎日食べていること。

 

プロパンテリンを使い汗の量を減らすこともワキガ対策には必要だとは思いますが、毎日の食事にもちょっとしたケアをすることで、よりニオイを抑える効果が現れると思います。